青い空

アクセスカウンタ

zoom RSS 組織における集団ストーカー

<<   作成日時 : 2007/12/09 12:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0


「集団ストーカー」被害者の為の専用スレその15で、
私の被害と、とてもよく似ている手口がありましたので、書き記します。
この中に出てくる女性派遣社員が、加害者・光岡Dにあたります。


数年前より、特定の社員に対する職場内で、
組織的な嫌がらせ(いわゆる集団ストーカー)が行われている。
ストーカー行為は、派遣社員・正社員・取締役部長を含む、一部管理職によるもので、
約2年に渡り、自宅電話・携帯電話の盗聴、ハッツキング・家宅侵入を繰り返し、
ほのめかせによって、標的の男性を退職に追い込んだ。

この男性が転職した後も、集団ストーカー参加者を増やし、
標的の男性を失業に追い込み、その後も自宅への家宅侵入、
24時間の監視を続け、男性に対し嫌がらせを執拗に繰り返している。

きっかけは、一部幹部社員と女性派遣社員が、
この男性を嫌いだからという単純な理由であった。

当初、部課長数人と女性派遣社員数人の雑談の中で、
標的となる男性Xに関する話題が持ち出され、
私生活を調べてやろうとの話になった。

ストーカー行為に参加している社員の中でも、
開始当時から自らの意思により積極的に参加して、嫌がらせを行っている者、
周りの社員に流されて、自分の保身の為に加担している者など・・・

標的の男性xの個人情報を元に、xの知人・友人に対して、
女性派遣社員らが、人間関係操作を行う為の工作活動を始める。

xが誰と何を話し、何を考えているのか、 
その内容が常に、ストーカー・グループの中で共有されている。 (省略)

xは、退職。 その後、転職を繰り返し転居し無職となる。 
転居後も、ストーカー・グループは家宅侵入し、情報収集を続けているが、

・加害者グループは、xが連絡をとっている知人・友人等に接触し、
あらゆる方法でほのめかせをし、xを孤立させていく。

首某者である社員、特に女性派遣社員たちに犯罪意識は無い。
ストーカーを続ける原因はxにあり、非は全てxにあるという、
独特の理屈で自らを武装しょうとしている。

メンバーにとっては、xの仕事や交友関係を操作し、
xの人生全てを、思い通りに誘導していく事で、
最終決着とし、これまでの経緯を無かったことにしょうと考えている。 (省略)

xが報復するとすれば対象は・・・
・・・首謀者は、xの監視を続けざるを得ない。
それを正当防衛と主張するメンバーも存在する。

管理不在の中で不自然な連帯意識、
ターゲットの動向に一喜一憂する集団心理、
監視や嫌がらせが、業務の大部分を占めるような社員の存在によって、
国内営業本部内は、カルト集団化している。

現在、様々なサイトに出回っている、集団ストーカー手口のほとんどが、
・・・内で使われている事は事実であり、
ほぼストーカー専従者といっても過言ではないような社員が、
検証室に閉じこもっている。

最終的にどのような結末を迎えることか・・・
xが犯罪行為に走り破滅する事や、自殺の可能性について、
無邪気にほのめかせている者もおり・・・ (省略)

 (サイトからの転載より)


集団ストーカーの恐ろしさを、少しでも知って頂きたいです。
これは一部の被害者の問題ではないと思います。
人の心が荒廃している、今の日本の現状です。





月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
組織における集団ストーカー 青い空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる