遠い夜明け


遠い夜明けは、アパルトヘイト政権下の
南アフリカ共和国を描いたノーフィクション映画です。

1987年の映画ですが、とてもショッキングで、
今も一番心に残っている映画です。

少数の白人が黒人を、アパルトヘイト(人種隔離)してしまう、
それが国の政策で、白人警官が、罪も無い黒人を殴ったり・・・ 

まだ、警察は正義の味方だと思っていたので、
やはりとてもショックでした。

映画のラストは、多くの黒人の人々が罪も無く、
刑務所に収容されているのですが、
その刑務所内で、”自殺”とされた人々の名前が、
エンドロールのように続いて・・・

映画が終わり、地下街から出ると、
夕暮れの数寄屋橋の交差点は、とても穏やかで... ほっとした
この時のことは、今も憶えています。

遠い夜明けは、白人ジャーナリストが亡命して、
本を出版しそれが映画になったものです。

亡命するシーンも映画にあるのですが、
ドキドキする中にもユーモアがあったり・・・
それがなければ南アについて、今も何も知らなかったと思います。

遠い夜明けの映画から、7年後にマンデラさんが大統領になるのですが、
当時、ほんとうに奇跡のようで信じられませんでした。
そんな事が起きるのかと・・・ 
自分の観念が、少し変わるほど。

でも南アが夢のように、変わったわけでは無く、
先日もテレビで、格差やエイズや犯罪の多発など・・・
とても普通に生活出来る国では無いように感じました。

南アは、金やプラチナ・ダイヤモンド・ウラン・
鉄鉱石・石炭・銅・クロム・マンガンなどとても資源が豊富なようです。

他のアフリカの国々でも資源が豊富な国は、
きっと人々が危険にさらされているのでしょう。

人種差別がおかしい、人を傷つけたり、人のものを奪ったり、
人の命を奪ったりする事が、普通に、とってもおかしいと感じます。

人は何度も何度も生まれ変わり、白く生まれたり、黄色く生まれたり..
お金もちだったり... そうじゃなかったり・・・

永遠の転生を生き、他の人にした事は、必ず自分に返って来ます。
他の人にした事は、自分にした事と同じことです。



私は以前に比べ、地球へ思いを向けることが多くなりました。
すべての命が、地球で生まれています。
地球は女神だと、ある本に書かれてありました。

地球はすべての命を、育んでいます。
私たちは同じ命、地球の上で笑ったり・泣いたり・怒ったり・愛し合ったり...
そんなことを、最近はよく考えます。
そんなことを考えている時間は、とても穏やかで幸せな時間です。

ひとりでいたりする時間が、とーーーーーー--------ても長いのですが、
胸の中がさみしさではなく、何かで満たされているのを感じます。
それはやさしい... 愛だったり、希望だったり。
そのすべてが、頂いたもののようにも感じます。

すべてのことに感謝して・・・
私はやはり やさしく生きていきたいと願います。








この記事へのコメント

iti
2008年07月20日 05:36
岩手の方も「もう戦いません」宣言してましたな。
そういう意味ではなかったのでしょうか?

この記事へのトラックバック