青い空

アクセスカウンタ

zoom RSS 放射能汚染から大人も子どもも・・・

<<   作成日時 : 2016/10/24 00:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0


放射能汚染から子どもを守るさんのツイートより


・福島から放出された放射性物質は、すでに北半球に飛散していますから、狭い日本列島で完全に放射性物質をシャットアウトするのは、残念ながら不可能です。
「可能な限り被ばく量を減らす」
「浴びてしまった分は出来る限りの対策をして病気を予防する」
これが選択しうる唯一の方法だと考えます。


・なぜ「内部被ばく」は怖いのかというと、内部被ばくでは少量の放射性物質であっても、身体の中から出ていくまで、細胞内に取り込まれる形で放射線を出し続けます。
放射線を浴び続けるとDNAが傷つき、修復力が追い付かなくなります。
内部被ばくは微量でも発がんのリスクがないとはいえません。


・放射線はDNAに損傷を与えます。
細胞分裂の活発な成長期の子どもは特に注意が必要です。
また、お腹の中で著しく成長している胎児も影響を受けやすいとされています。
子どもや妊婦はもちろん、子どもを産む可能性のある女性の被ばくは避けるべきです。





月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
放射能汚染から大人も子どもも・・・ 青い空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる